スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< ワクワク学校2017.6.17@大阪 3時間目相葉先生 | main | ワクワク学校2017.6.17@大阪 5時間目大野先生 >>
ワクワク学校2017.6.17@大阪4時間目松本先生 にのちゃんサプライズBirthday

JUGEMテーマ:

 

やっと4時間目までやってきました。

 

4時間目は松本先生。

 

そして、待ってました。にのちゃんのBirthday

 

 

松本先生の授業は

 

「緊張を味方にしよう」

 

嵐で一番緊張しぃの松本先生とセクゾちゃんからは緊張しやすい聡ちゃん。

 

この二人で授業が進んでいきます。

 

緊張に負けない方法を見つけていきます。

 

潤くんも聡ちゃんも緊張しぃ。潤くんはコンサートの前にはメンバーと握手をして、緊張をとるんだとか・・・・

ま、潤くんの緊張しぃは知ってたけどね(^-^;

 

「生緊張体験」のコーナー。

 

ご指名されたのはにのちゃんです。

あれれ、サプライズかな?なんて一瞬よぎりましたが・・・・

 

ご指名されたにのちゃんは「オレはこれ(リコーダー)でジャニーズ事務所に入ったんだから大丈夫」とやけに自信たっぷり。

さて、お手並み拝見です。

 

にのちゃんはお立ち台にたたされたんですけど、そのステージを見てこれからの展開を悟ったよう。

真ん中がどうちゃら、高さがどうちゃらって、ゴチョゴチョ言ってる(笑)

そんなこと言ってるうちに台が上がっていきます。

 

で、にのちゃんの演奏が始まりました。

しょっぱなから、「ピ〜」なんて音になっちゃってましたけど、へっちゃらで続けるにのちゃん。

しかも、音階をすっとばちゃったのに、知らん顔でまだ続ける(笑)

当然、おっこちちゃいますよね。

スポンジのなかへどっぼ〜ん(笑)←VSのダメ嵐のように。

一人じゃでてこれなくて、聡ちゃんに引き上げてもらうこともかわいい。

 

にのちゃんが引き上げられると、潤くんが「オレも練習してきたんだよね」って楽譜?のようなものをだして、リコーダーをスタンバイ。なになに、ここ?ってこっちの緊張感が高まります。

 

なのに・・・

 

潤くんったら・・・・

 

出だしの音がピ〜♪(笑)

本来なら、ここで「ハッピバスディ トウ ユ〜」と潤くんが吹いたリコーダーに合わせて合唱するはずだったんだと思うのですが、2回目チャレンジでは今度は吹き出しちゃう潤くん。

で、にのちゃんはズコ〜ってこける。

なんともかわいい・・・

 

って流れになりました。

 

潤くんもなんとかやっとリコーダーが吹けて、3万5千人でにのちゃんハピバを大合唱でした。

 

潤くんから「カズ、おめでとう〜」ってカズ呼びも聞けて、大満足。

 

ちょっとドタバタしちゃったけど、34歳。みんなでお祝いできて、ほんとに感動しました。

2012年のワクワク学校でもにのちゃんのBD当日にあたっていたので、東京ドームでお祝いしましたよね。

その時の感動もよみがえってきて、今回もとっても感動しました。ちょっぴり笑いもあり、ほんとに素敵なBDでしたよ。

ちょっと照れながらのうれしそうなにのちゃんも忘れません。

 

翔ちゃだったか、潤くんだったかがにのちゃんに34歳の抱負を聞くと・・・

に「ずっと思ってる事があって、櫻井先生の授業の時に免疫力が高くてイケメてるのが、オレってなったときに、ザワザワしたけど、そこで、私思いました。34歳二宮、運動します。動きます。ありがとうございました」

とご挨拶。

 

うふふ、にのちゃん、櫻井先生の授業の時のザワザワ。ちょっと傷ついてたのね。

大丈夫、にのちゃん、とってもイケメてるよ〜。

 

 

34歳になりたてのにのちゃんを6月17日にお祝いすることができて、ほんとにうれしかった。

それも、今回はにのちゃん大好きなお友だちと3人で。

ほんとに幸せな時間だったな〜。ありがとう。

 

大きなケーキがでてきて、34の数字のろうそくに火をつけてにのちゃんがふ〜って。

みんなケーキ大好きだから一緒に食べよって言って、にのちゃんのサプライズハピバは終了となりました。

 

 

その後、松本先生の授業では緊張をとるために、ルーティンワークをするといいと教えてもらいました。

A・RA・SHIのふりのついた「ワクワクルーティン」をみんなで練習しましたよ。

 

「緊張を味方につければ きっとうまくいく  潤」

 

この言葉で〆て松本先生の授業は終わりました。

きい坊 / コンサート・舞台 / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする